育毛に効果のあるミノキシジル

ミノキシジルの取り入れ方ですが、まず一般的なのは塗り薬タイプのものです。

病院やクリニックで処方してもらったり、通販などで購入することもできますが、初心者で不安な場合はやはり病院で相談しながら決定すると安心です。

ミノキシジルは髪の毛の細胞に働きかけ、血流を増やす作用があります。

血流を増やすことによって、髪の成長を促すことができます。

ミノキシジルの塗り薬ですが、個人差はありますが、使用し始めて3ヶ月程度で産毛が生え始めて、やがてしっかりした髪の毛が生えてくるという効果が見られる人が多いようです。

次に内服薬ですが、日本では一般の医療機関では処方されていないところが多いです。

そのため、個人通販で購入し利用している人がほとんどです。

内服薬の方が塗り薬より効果が顕著に現れるため利用する人も多いのですが、自分の判断に委ねられることが多く、効果がしっかりと出るのか、副作用は問題ないかなども自分で判断しなければなりません。

ミノキシジルの内服薬ですが、頭頂部の薄毛がかなり進行している場合は、塗り薬よりも内服薬にした方が効果はあると言われています。

「ミノキシジルタブレット」

と呼ばれる商品を飲んでいる人が多いでしょう。

ただし、内服薬では、ミノキシジルの濃度が濃い方が効果はありますが、初めて飲み始める人は低濃度のものにした方が良いでしょう。

本来ミノキシジルは飲み薬として作られています。

そのため、塗るよりも飲んだ方が毛根までしっかりたどり着きます。

そのため、頭の髪の毛はもちろんですが、体毛も濃くなるといった事例も多く寄せられています。

また、頭の髪の毛が完全に抜けてしまい時間が経っている場合は、効果が出にくいといった意見もあります。

頭皮が透けて見えていたり、「あれ、髪の毛何だか薄くなったのでは?」

など指摘された頃に、取り入れると良いでしょう。

市販にも育毛剤はたくさんありますので、自分の髪の毛の状態を見て、今後どの程度まで髪の毛の量を増やしたい(戻したい)かを考えて選びましょう。

コメントはまだありません

Comments are closed.

RSS feed for comments on this post.